25歳の転職 | キャリアはココから特集

*

25代の仕事探しで気をつけたいこと

1 25歳の仕事探しの良い点

 25歳で本当に適性のある仕事や、天職と思える仕事に就ける人は少ないのはご存知でしょうか。学校を卒業して就職しても、合わないといって離れる人もいます。その理由の大半は、他にやってみたいと思えるような仕事を見つけたからです。自分が興味が持てる仕事に出会ったなら、転職も視野に入れて活動してみることが必要です。新卒と異なり自己分析が深まっていて、社会人経験が何年もあるだけ、適職を見抜く目も出来ているはずです。

2 25歳の求職者が他の年代より有利な点とは?

 25歳はまだまだ人生のスタート地点に近い点にいるのですから、会社の人たちは「とにかく若い!」と思っています。若いがゆえに、何を教えても「すぐに覚えてしまうので、すぐに戦力になってくれると期待されています。

 20代ではあっという間に事務系の仕事を覚えられますね。仕事を覚えることが早いだけではなく、どんな作業をまかせても、20代の人たちは仕事が早いので重宝されるでしょう。20代の転職者は人生を決してあきらめておらず、入社してくれたらよい意味で、社内の刺激になってくれると思われています。

 チャレンジ精神が旺盛で、先行きに期待や夢を持っています。会社のお荷物になるよりは、むしろ自分の会社をよい方向に変えていこうというような覇気もあります。そういった若いパワーが求められています。

3 25歳で仕事探しに成功した人たちに共通する点とは?

 25歳で転職に成功した人に共通するのは、新卒と異なり、自己分析が十分にできていて、自分の志望業種についてよく情報収集できている点が挙げられます。新卒で就職したときに、自分で自分のことが分かっていないのは、ある意味では当然です。

 しかし20代なかばで転職しようと思うのなら、社会人経験がある分、自分の志望する業界や適性について、少なくとも学生のころよりはよくよく把握していなければなりません。自己分析が不十分なまま転職してもうまくいく可能性は限られているでしょう。転職する際には必ずといっていいほど「面接」がありますが、このときに明るい前向きな姿勢が自分にあるかどうかも大切です。20代は人生の駆け出しです。エネルギッシュな青年像が求められているのです。

 20代に限りませんが、面接のときに「やる気」が伝わるかどうか?は非常に重要です。次の職場ではどのようなイメージを持って働くつもりなのか?転職の成功者には、事前に面接を想定したシナリオを書いてみたり、面接の受け答えの練習をした人も少なくありません。練習に付きあってくれた人に感じたことをどんどん言ってもらいましょう。

4 まずは転職サイトに登録をして情報収集しよう!

 今の仕事よりやりたい仕事が見つかったら、すぐに転職活動ができる人ばかりとは限らないはずです。今の職場を退めなくても、転職活動を始めることは可能です。まずは転職サイトに登録してみましょう。こうしたサイトには、ハローワークの求人票等よりも求人を出している企業の情報が詳細に載っていることに驚くはずです。

 それもそのはず、こうした転職サイトに、企業はお金を払って求人広告を載せて貰っているのですから、求職者向けの丁寧な情報がたくさん載っているのです。転職サイトへ登録しておけば、自分の志望業界や狙っている企業に新しい動きがあれば、すぐに自分宛てのアドレスに情報が送信されてきますので、ライバルより1歩有利になります。転職サイトの検索機能や通知機能を使いこなすことで、より自分に適した求人に巡り合う可能性も飛躍的に高まります。

5 転職サイトを利用して成功した人たち

「転職サイトでスムーズに活動をすることができ、成功の秘訣など役に立つ情報を得ることができた。」

 転職サイトから転職して年収がぐっと上がった人には、転職先にはしっかりした評価システムがあることを第一に職探しをしたそうです。 自分の実力を認めてくれる会社を探すという目的に沿った転職活動ができるのもこうしたサイトの力です。転職サイトから活動して成功した人には、「職務経歴書に予想以上に時間がかかった」という人がいます。

 25代であれば職務経歴書が何枚も続くということは珍しいですが、それでもエントリーフォームに何も書かないよりは、学生時代のアルバイト体験も含めて、職務経歴書がしっかりしている方がベターです。

「転職サイトで新たな職種に就くことができ、出来る仕事の視野が広がった。」

 20代ならまだ転職回数も少ないのですが、アルバイト程度の就労体験であっても、その体験が次の転職先でもこういう風に役立つだろうと、面接官に期待を持たせるような内容であるべきでしょう。

 それから転職活動が思うようにいかなくても、転職サイトをよく検索するうちに、最初に志望していたのとは全く別の業界に魅力を感じて、サイトから応募してみたら採用されて働くようになったという人も多いです。20代はまだまだ「つぶしのきく」年代なのですから、転職サイトの検索機能を使って「未経験OK」の会社を探すのも手ですね。

6 転職サイトを利用して20代の仕事探しに成功しよう!

 転職サイトを上手に利用して成功した人たちは、一様に「応募書類」が大切だと言います。サイトからですとフォーマットから履歴書や職務経歴書のデータを応募企業に送信して“エントリー”になるのですが、まずこのエントリーの際に「誰よりもやる気がある自分」が会社に伝わることを目指しましょう。

 エントリーするときには空欄を作らないことや、資格欄なども空欄にしないで何でも「あれば書く!」くらいの強気が欲しいところです。理由は、会社側に自分がどういう人かを知ってもらうための応募書類だからです。それからどこかで見たような、マニュアルをコピーしたような志望動機では弱いです。この会社でなければなぜダメなのか?と自分なりのこだわりが伝わる文章を何度も書き直しましょう。

 それから最低限、応募書類にネガティブなことは記入しないようにしましょう。前職の上司の悪口など面接の際にも口にするのはNGですので、絶対に口に出さないよう気をつけておきましょう。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
・大手リクルートが運営しているから安心
・スカウト機能など便利なサービス多数
・会員登録者は406万人以上

公開日:
最終更新日:2015/03/03