25歳の転職 | キャリアはココから特集

*

社員数が多い会社への転職を考えている方へのアドバイス

   

転職を前向きにとらえて挑みむ精神

 誰もが不安に思う事は転職を考え、上手くいかなかった時のことや転職が出来なかったらどうしようなんて不安が多いかと思います。会社を辞めてから転職する人に限っては転職が上手くいかなければ一時的にも職を失うことになるわけですから。

 なのでまず転職を考えたら前向きに考えるようにしましょう。不安に思う事は最悪なケースを考えた上でその時はこうしよう等と最悪な事態を考えながらもプラスに考えるといった形です。前向きに考えたら壁となるのは転職先への面接であったり、知り合いの紹介にしても相手に雇ってもうために自分をどう伝えるかだと思います。それについては以下の通りです。

自分を出して決して正当化するようなマニュアル通りの面接対応はしないこと

 タイトルに挙げたことがどんな意味かというとマニュアル通りにしても雇う側には響かず、むしろありきたりなことから印象を持ってもらうことも難しくなると言えるからです。正当化してこの会社を選んだ理由には~なんて始めてしまうとアウトです。自分を出すことは勇気がいることにも思いますがそこは心身ともにリラックスしてしっかり伝えよう。

 まず自分の得意分野に関して細かく伝えることでなぜそれがって思うかもしれませんが社員数が多い会社であれば大まかに考えてタイプ別に社員を見ていたりすることがあります。そんなことからタイプ別で相手側も考えやすくもなれば転職した際にもタイプ別されていることから得意分野の仕事を任せられる為に効率がいいといえます。

 もうひとつになかなか出来ないのが不得意なことも一緒に伝える事です。そのメリットとしてはタイプ別されたとしても人間性を見て大丈夫だと思われれば不得意な仕事を任されたりする場合も出てきます。その時に出来ないと断れば悪影響で悪い印象を与えてしまうし、また無理にやっても失敗して会社に迷惑をかけてしまう結果に繋がりかねない恐れもあります。

 それを事前に回避するべく面接時にそういった面もしっかり伝えることにより良い面と悪い面を出したことで人間性も相手に伝わるし、また会社的に戦力になるかどうかだとかの判断もしやすくなるので好印象かと思います。

 悪い面や不得意分野の説明時には単に伝えるだけだとやる気も感じられなければ自分勝手だなって印象を与えてしまいかねないのでその為にすることは伝える時の伝え方でこういう作業は正直不得意な分野になりますが、私自身もそんな自分を変えたいのと不得意が得意となる為に勉強し専念してどんな仕事に対しても力に慣れるように会社の社員として頑張っていきたいと思っています等とちょっと長い文章にはなりましたがこのような形で伝えることで人間性も見られれば仕事に対してのやる気も伝わることから好印象が持たれるといった形に繋がります。

 アドバイスは以上になります。

 - お役立ち情報

  関連記事

af0100037641l[1]
転職活動でモチベーションを下げないための方法

モチベーションを保つ工夫  転職活動は、正に根気・精神力との勝負ともいえます。や …

af9920061443l[1]
挨拶ができる人間か、そうでない人間か

挨拶は社会人としての基本  挨拶をすることが苦手な方もいるかもしれません。しかし …

体調管理の重要さを知る

体調管理ができて一人前  25歳の転職の場合、まだまだ一人前の即戦力というわけに …

af0100024774l
転職先でのメールに関するルールを早く習得しましょう

メール送信のルールを熟知する  転職先でのメール送信ルールが前職と同じとは限りま …

af0100000649l
転職を成功させるための3つのポイント

自身の転職したい理由、次の仕事に対しての希望を分析する  ます初めに必ずやるべき …