25歳の転職 | キャリアはココから特集

*

25歳が書くべき志望動機

      2016/02/01

志望動機が書類選考通過を左右する

 社会人としてのキャリアが浅い25歳のあなたが応募しようと考える求人には、多くの応募者が殺到することが予想されます。応募者多数の場合は、すべてを面接するのが難しいため、第一次選考が書類審査になることが少なくありません。

 その場合、企業の採用担当者は、履歴書を読んで、ある程度まで人数を絞り込んでから職務経歴書に目を通し、さらに面接するかどうかを検討します。つまり、履歴書の志望動機欄を読んで、興味を持ってもらえるかどうかが、書類選考を通過するか否かに、多大な影響を与えるということです。
 

25歳が志望動機欄に書くべきこと

 すでに社会人経験のある25歳が、転職のために履歴書を書くのですから、新卒時と同じように「御社の企業理念に共感して」「御社の将来性・安定性」など、どの企業でも通用しそうな志望動機では、まったく話になりません。

 志望動機には、「どうしてその職種を目指すのか」「数ある企業の中で、どうして御社に入りたいのか」が、きちんと説明されていることが基本です。

 さらに、自己分析で再認識した価値観やアピールポイントを絡めて、「これまでの経験から考えたこと」「持っているスキルをどう伸ばして貢献できるようになりたいか」など、自分の言葉で語れると、ベターでしょう。

【関連記事】
25歳の履歴書の書き方
25歳の職務経歴書の書き方
25歳の転職希望者が履歴書の資格欄に何も書けない場合の対応法

 - 履歴書・職務経歴書

  関連記事

25歳の転職希望者が履歴書の資格欄に何も書けない場合の対応法

25歳以上の転職希望者は、資格に関して言い訳しない  転職活動されている人の状況 …

25歳の職務経歴書の書き方

職務経歴書でいまできることをアピール  職務経歴書は、応募者がこれまでに勤務した …

25歳の履歴書の書き方

履歴書で自分をプレゼンする  履歴書は、応募者個人の経歴を伝えるべき書類で、この …