25歳の転職 | キャリアはココから特集

*

25歳の職務経歴書の書き方

      2016/02/01

職務経歴書でいまできることをアピール

 職務経歴書は、応募者がこれまでに勤務した会社の概要、所属部署、そこで担当した仕事内容、あげた実績、そこで得たスキルを、企業に伝えるための書類です。簡単に言うと、これまでどんな仕事をしてきたか、いま何ができるのかが、わかりやすくまとまっていることが基本です。

 一般的に、A4版縦型で作成する書類なので、自分の経歴を伝えやすいレイアウトは何か、転職サイトなどのサンプル例を参考に、しっかり考えてから、作成を始めましょう。

職務経歴書を書くポイント

 職務経歴書には、「年代方式」「逆年代方式」「キャリア方式」という、フォーマットがあります。「年代方式」は、新卒で入社してからいままでを順番に書く、「逆年代方式」は現在から過去を遡って書く方法です。

 「年代方式」「逆年代方式」ともに、仕事の習熟度を伝えるのに最適なフォーマットで、後者はいまの仕事に特に着目してほしいひとにおすすめです。「キャリア方式」は、業務内容や職務経験、プロジェクトごとに職歴をまとめる方法で、技術職や専門職、転職回数が多いひとに適しています。

 自分の経歴に合ったフォーマットを選び、さらに表組にしたり、小見出しと本文で構成するなど、読みやすく工夫しましょう。

【関連記事】
25歳が書くべき志望動機
25歳の履歴書の書き方
25歳の転職希望者が履歴書の資格欄に何も書けない場合の対応法

 - 履歴書・職務経歴書

  関連記事

25歳が書くべき志望動機

志望動機が書類選考通過を左右する  社会人としてのキャリアが浅い25歳のあなたが …

25歳の履歴書の書き方

履歴書で自分をプレゼンする  履歴書は、応募者個人の経歴を伝えるべき書類で、この …

25歳の転職希望者が履歴書の資格欄に何も書けない場合の対応法

25歳以上の転職希望者は、資格に関して言い訳しない  転職活動されている人の状況 …