25歳の転職 | キャリアはココから特集

*

25歳の面接時の服装

   

面接にふさわしい服装とは

 25歳で社会人経験があるあなたは、通常の服装で面接に行けばよいと、短絡的に考えているかもしれません。ですが、服装の規定は企業によって異なるものですし、業界や職種によって、面接で着るべき服装が変わります。

 面接に出かける前に、応募企業の服装について、リサーチしておくことをおすすめします。一般的には、面接時は黒または濃いグレー、紺といった、色味を抑えたビジネススーツに、華美にならないYシャツやブラウス、ネクタイを合わせて着用するのが基本です。

 アパレル系やIT系などの面接の場合、私服可のこともありますが、この際も華美なデザインや色合いの服は避け、ジャケットを着用するようにしましょう。

髪型や小物使いにも配慮する

 面接時には、企業の面接官にきちんと表情が見えるように、清潔感のある髪型で臨むのがマナーです。

 前髪が目にかかったり、横の髪が耳にかかっていると、だらしない印象を与えることがありますので、きちんとチェックしてから、面接に出かけましょう。また、髪の長い女性の場合、耳が見えるように髪をまとめるのが基本です。

 また、カバンや時計、メガネなども、カジュアルすぎたり、アウトドア仕様のものは、面接にはふさわしくないので、避けましょう。

【関連記事】
面接マナーをしっかり守る
逆質問で自分をアピールする

 - 面接

  関連記事

面接マナーをしっかり守る

社会人基礎力が問われる面接マナー  第二新卒が多い25歳を企業が中途採用するのは …

逆質問で自分をアピールする

逆質問が大切な理由  面接も終盤になると、「何か質問はありませんか」と、面接官に …